健康に自信が持てない40お代に攻撃してから数年。眼精疲労が不明瞭なくなってきた。
一番の原因は昨今始めたタブレット。何を講じるにもタブレットが手元にあるので、つい手に取って仕舞う。ちょっと気になることがあればサーチ、余地時間に遊戯、キッズの宿題の応え合わせやリサーチ賜物のチェックにポチッと・・・なんて一日に何回も見てしまう。容易だから、使わない手はない。

次に見せるのはリーディング。年マガジンが大好物なので、ライブラリーなどで借りたり、知り合いとの貸し借りで、せっせと読み進めているのだが、老眼も入ってきたのか細かい字が目に現れるようになってきた。20お代の頃は徹夜でハードカバーのマガジンをゴリゴリ読みまくっていたのに、今ではキッズの習い事の合間にちょっと読んだだけで瞼が重く変わる。(眠くなるのも並行して掛かるカテゴリーってこともわかってきた・・)

テレビも見ちゃうんだよね・・。現時点で見られないものはもちろん録画しておいて、チャンスができたら早送りしながらサクサクと観て行く。あ、さっきのなんて言ってたの?って巻き戻しを3回ぐらい連続しちゃったりもよくあること。どれどれ、耳も衰えてきたのかしら。

そうして書き出してみると、まぶたがくたびれる実態かなりある。時々まぶたを休めながら明るいことを発見していけたらいいよね~。ホワイトニングがあまりにも酷すぎる件について

青少年はバリバリの活動部に加盟し、キャンパス現代もテニスサークルで各週活動、いくらでも食べられるし飲める!と食することが隠れ家だったあたし。
ただし、20代途中から、その暴食のせいか、肌荒れがひどくなり太ってきてしまいました。これはスゴイと夜中の過食をやめた店、数ヶ月で素肌も回復、ウェイトも5間隔痩せました。
が、30代になり食欲は落ちてきたものの、お酒の容量が目立ち、またウェイトアップ、、。よし痩身です!と以前とおんなじ方法でも減らなくなってしまいました。これが初歩新陳代謝が減ったということかのち歳を感じながらも、サッカリド規制をしてまた痩身は的中できました!但し、成功しても、20代のうちとなにかが違う、、なんだかお素肌の弾性が無くなり、減ってほしいお胃腸知人が減っていない、、これが30代という小物なのかと思い知り、20代とは違う少しお割高のコスメティックスを使用し始めました。
そうして40代!ダイエットしてある訳ではないのに、飯は容量が食べられなくなり、お酒も大勢飲めなくなってしまうというもの悲しい健康になってしまいました。こうしたあたし、私じゃない!もっと男子みたいに食べられるし飲めたはず!と。知り合いにも、なにそのママみたいな容量は!つまらない!と言われてしまいました。私だって気持ちは若いままで、もっと食べて飲める!と想うのに、どうやら美味しいものを少しずつ食べたいと想う年代になってしまったようです。「奴はとんでもないものを盗んでいきました。ホワイトニング方法です」